トップ / 青色申告と白色申告どっちがお得

賃貸経営の経費とは

青色申告と白色申告どっちがお得

特典を正しく理解し賢い選択をしよう

サラリーマンとして給与のみが収入だった時にはあまり縁のなかったという方がほとんどの「確定申告」ですが、「賃貸経営」を始めると、毎年所得税の確定申告を行うことが必要になってきます。その申告方法には「白色申告」「青色申告」の2種類があるため「どちらを選べばいいの?」と疑問に思う人が多いですね。簡単に「白色申告」「青色申告」の比較をまとめると以下の通りになります。

■白色申告は青色申告より帳簿付けが楽(単式簿記)
■白色申告は事前申請が不要
■白色申告は特別控除が受けられない
■青色申告は白色申告にないメリットが特別控除以外にいくつもある。

申請時のハードルは「青色申告」のほうが高いのですが、そのあと税金面でさまざまな特典を受けることができ、圧倒的に経営上有利なのは「青色申告」なのです。確定申告の種別を「青色申告」に選択した場合のメリットには以下のようなものがあります。

■控除額が65万円加算される(特別控除)
「青白申告」で複式簿記での申告をすると最高控除額が65万円まで認められます。「白色申告」では基礎控除額38万円と必要経費のみなのでこの差は大きいですね。

■赤字分を3年間繰り越せる
今年の所得、すなわち黒字分を前年度の赤字額で相殺して、結果的に課税対象額を減額できるというものです。例えば「賃貸経営」を開始した当初は100万円赤字があって、次の年には黒字で100万円が出た場合、「前年度赤字分100万―今年度黒字分100万=0」として、2年目の所得を0円として計上し、実質課税額を0円にできるということです。

■貸倒引当金を利用できる
貸倒引当金とは、家賃その他が回収できなくなった場合を想定して、未回収金の一部を「費用」として計上することです。この処理によって課税対象額を減らすことが可能です。

■減価償却が300万円まで一括計上可能
一般的には減価償却費は10万円以上になると一括計上できなくなります。しかし青色申告・複式簿記では30万円未満のものは一括計上可能、しかも年間300万円まで認められます。

■家族従業員の給与を課税対象額から差し引くことができる

■自宅=事務所の場合は家賃も経費計上可能
家賃のほかに光熱費も計上可能です。

必要経費と税法上の特典を正しく理解し賢い選択をしたいものですね。

Copyright © 賃貸経営における確定申告とは. All rights reserved.