トップ / どこまでが必要経費か見極めよう

賃貸経営の経費とは

どこまでが必要経費か見極めよう

難しい案件は税理士に相談しよう

マンション賃貸経営など「不動産投資」で利益を上げるためには、節税対策は最も真剣に取り組むべき課題ですが、その最大のポイントは雑多で細かな必要経費の地道な積み上げです。前述のとおり「賃貸経営」において「必要経費」と認められる判断基準は「賃貸経営に直結した必要な経費であること」で、税務署の職員から質問されたときに「合理的な納得のいく説明できること」となります。

例えば、パソコンや車などについても、仕事に使用している割合に応じて経費計上が可能になってきます。たとえば、「複式簿記で帳簿を作成するために購入したパソコン費用」や、資産であるマンションの清掃などのために自動車を使用している場合かかったガソリン代は必要経費として認められるものです。

事業である「賃貸経営」に関する情報収集、スキルアップのために購入した書籍や新聞代、セミナー参加費や「賃貸経営者」同士のグループ会費なども「必要経費」として計上できる範疇と理解して問題ないでしょう。判断に迷う賃貸契約者や、付き合いのある不動産会社との飲食費や交際接待に要する費用については、賃貸経営に関するものであれば「交際費」としての「必要経費」として計上することができます。

しかしながら、「必要経費」の過剰参入は、不自然な「必要経費」計上として誤解を招きやすいものです。もしかしたら税務調査が入るようなケースも考えられるため、十分注意が必要です。「一部屋マンションオーナーだから大丈夫」と安心することはできません。規模が小さい「不動産投資」オーナーであったとしても、不自然に経費率が突出している場合や減価償却費に大きな誤りがある場合には、税務調査が入ることもあるのです。「必要経費」として判断してよいかの線引きや、プライベート利用分との按分が難しい場合には、税務署の相談コーナーなど専門家である税理士に相談するのがベターです。

Copyright © 賃貸経営における確定申告とは. All rights reserved.