トップ / 賃貸経営における代表的な必要経費

賃貸経営の経費とは

賃貸経営における代表的な必要経費

一般的な必要経費の項目とは

「賃貸経営」において、必要な経費を正しく計上し、かつ有利な資産運用のための節税対策を行うためには、「必要経費」を漏れなく適正に計上することが大切です。そのためにはまず正しい「必要経費」についての知識を身につけることが必要です。まず「必要経費」として計上できる項目を把握することから始めましょう。一般的な不動産経営において認められている必要経費の項目は10項目前後あり、「賃貸経営」では以下の項目が「必要経費」としてあげられることが多いようです。

■租税公課
■損害保険料
■減価償却費
■修繕費
■借入金利子
■管理費
■交通費
■通信費
■新聞図書費
■接待交際費
■消耗品費
■その他立退料税理士に依頼した費用など

もちろん、これ以外にも、経営の状況に応じて実際に支出する必要経費の費目を自由に設定して差し支えありません。大切なことは前述のとおり「不動産収入を得るために直接必要な費用」な範疇に含まれていることです。流行の建築スタイルに変えて物件価値を上げるためのリフォームなどは「資本的支出」となり、必要経費として計上される「修繕費」に含むことはできませんから注意が必要です。

ただし、前述のとおり「賃貸経営」スタート時点は思ったより多くの「必要経費」がかさんでしまうものです。そのため収入どころか、かえって赤字になってしまう可能性も高く、その場合は確定申告により納め過ぎた税金が還ってくるというメリットがあります。また、給与などの不動産以外の所得がある場合は、源泉徴収票の用意が必要になりますから準備しておきましょう。

Copyright © 賃貸経営における確定申告とは. All rights reserved.