トップ

賃貸経営の経費とは

賃貸経営における確定申告とは

税金の還付ができる可能性が高い

もし、あなたが給与収入以外にも賃貸経営などの不動産所得があるのなら、かかった必要経費を正確に帳簿に計上することにより、確定申告または青色申告で所得税などの課税が軽減されることが期待できます。賃貸経営について詳しく知りたいならこちら。

ただし、どのような費用が「経費」として計上できるのかを全て把握されている方は多くはないのではないでしょうか。この「必要経費」に関する知識は、不動産収入のある「確定申告」を行う人にとっては必ず必要となるものです。会社員で確定申告の対象となるのは、家賃収入が20万円以上ある人になりますから、不動産資産による所得があるのならまず確定申告の必要があるといえるので、ぜひ身につけておきたい税務知識です。とくに「ワンルームマンション経営」など賃貸経営を始めたばかりの初期段階は、多くの必要経費が必要となるため、確定申告によって税金の還付が受けられる可能性が高いのです。

では、ここでまず収入と所得の違いについて把握しておきましょう。課税の対象となる「所得」とは給与や家賃などの実際受け取った「収入」から修繕費などの「必要経費」を差し引いたものになります。「所得=収入-必要経費」という計算式と、課税されるのはこの所得を対象としていることを合わせて覚えておいてください。

しかし、家賃や共益費の滞納があった場合には家賃収入に計上してよいか迷ってしまいますね。契約により支払日が決められている場合は、支払日には収入を計上してOKです。大切なことは不動産にかけた費用をすべて「必要経費」として計上することはできないということです。必要経費とは、「(1)総収入金額に対応する売上原価その他その総収入金額を得るために直接要した費用の額」「(2)その年に生じた販売費、一般管理費その他業務上の費用の額」(国税庁ホームページより)と明確に定義されている範囲の費用に対して認められるものなのです。

Copyright © 賃貸経営における確定申告とは. All rights reserved.